staff

監督:行定勲

1968年生まれ、熊本県出身。2000年長編第一作『ひまわり』(00)が第5回釜山国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集める。『GO』(01)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝き、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)が観客動員620万人、興行収入85億円、同年実写映画1位の大ヒットを記録。10年には『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞、国内外から支持を得る監督のひとりである。 他代表作には、『北の零年』(05)、『春の雪』(05)、『遠くの空に消えた』(07)、『クローズド・ノート』(07)、『今度は愛妻家』(10)、『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(14)、『真夜中の五分前』(14)『ピンクとグレー』(16)、また熊本を舞台にした『うつくしいひと』(16)や『うつくしいひと サバ?』(17)、『ナラタージュ』(17)など監督作多数。 また、映画だけにとどまらず「趣味の部屋」(14,15)、「ブエノスアイレス午前零時」、「タンゴ・冬の終わりに」(15)等の舞台演出も手掛け高い評価を得ている。

岡崎京子の「リバーズ・エッジ」を映画化するにあたってのコメント
ずっと漫画の映画化に抵抗してきた。しかし、岡崎京子さんの名作はあまりにも魅力的で ついに手を染めてしまった。私たちが生きた穢れた青春は今の時代にどれくらい杭を打てるのだろうか?日々、苦闘しながら撮影しています。
二階堂ふみ、吉沢亮の印象について
主演の二階堂ふみはこの作品に魅了され映画化に奔走した。その姿は逞しく若草ハルナそのもの。吉沢亮は最もキィになる山田一郎として独自の憂いのある雰囲気で存在してくれています。
公開を待つファンへのメッセージをお願いします。
90年代が鮮烈に描かれた傑作を未来ある若い俳優たちと共に今の時代を生きる人たちに届く作品にしたいと思っています。

  • 脚本:瀬戸山美咲

    劇作家・演出家・ミナモザ主宰。代表作に『エモーショナルレイバー』『ホットパーティクル』『指』『みえない雲』など。『彼らの敵』が第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。劇団外の活動に『埒もなく汚れなく』『始まりのアンティゴネ』(作・演出)、『阿修羅のごとく』『MORSE−モールス−』(上演台本)、『グリーンマイル』(上演台本・演出)などがある。NHK FMシアター『あいちゃんは幻』で第42回放送文化基金賞脚本賞受賞。 2016年、映画『アズミ・ハルコは行方不明』(脚本)が公開。

  • 音楽:世武裕子

    パリ・エコール・ノルマル映画音楽学科を首席で卒業。在仏中には俳優学校で映画演技も学ぶ。パリと東京で短編映画制作に携わったのち、『家族X』(11/吉田光希監督)で初めて長編映画の音楽を担当。以降、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける。近年、映画では『ストロボ・エッジ』(15/廣木隆一監督)『オオカミ少女と黒王子』(16/廣木隆一監督)『お父さんと伊藤さん』(16/タナダユキ監督)、ドラマでは「好きな人がいること」(16/CX)「べっぴんさん」(16/NHK)などの音楽を担当している。2018年3月には、劇伴を担当している映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』の公開も決定している。

  • 撮影:槇 憲治

    奥原浩志監督『黒四角』(14)でデビュー、『続・深夜食堂』(16/松岡錠司監督)、『海辺の生と死』(17/越川道夫監督)『光』(17/大森立嗣)など。

  • 照明:中村裕樹

    岩井俊二監督『Love Letter』(95)で日本照明協会特別賞。 大林宣彦監督『はるか、ノスタルジィ』(93)、岩井俊二監督『スワロウテイル』(96)、行定勲監督『北の零年』(05)『春の雪』(05)、降旗康男監督『あなたへ』(12)、李相日監督『怒り』(16)で日本アカデミー優秀照明賞、『世界の中心で愛をさけぶ』(04)で日本アカデミー最優秀賞受賞。JRA及び東京シティ競馬のCMで日本照明協会最優秀賞、トヨタクラウンのCMでACC最優秀賞。主な作品に、『トキワ荘の青春』(96/市川準監督)、『ココニイルコト』(01/長澤雅彦監督)、『怪談』(07/中田秀夫監督)、『サッドヴァケーション』(07/青山真治監督)、エドワード・ズウィック監督『ラストサムライ』(03)(日本部分)、『ノルウェイの森』(10/トラン・アン・ユン監督)など。

  • 編集:今井 剛

    代表作に、『ひまわり』(00/行定勲監督)、『GO』(01/行定勲監督)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04/行定勲監督)、『フラガール』(06/李相日監督)、『陰日向に咲く』(08/平川雄一郎監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『るろうに剣心』シリーズ(12、14/大友啓史監督)、『ピンクとグレー』(16/行定勲監督)、『怒り』(16/李相日監督)など。

  • スタイリスト:髙山エリ

    文化服装学院卒業後、2007年よりスタイリストとして活動。ファッション誌や女優・ミュージシャンなどのスタイリングを手がける一方で、セレクトショップ「ミキリハッシン」のウィメンズ部門監修や服飾ブランドとのオリジナルアイテムの制作、自費出版による雑誌の発行など、枠にとらわれないファッションにまつわる活動を行う。2015年にはNHK連続テレビ小説「まれ」の衣装スタイリングを担当。

  • 美術:相馬直樹

    代表作に、『交渉人真下正義』(05/本広克行監督)、『UDON』(06/本広克行監督)、『自虐の詩』(07/堤幸彦監督)、『20世紀少年1〜3章』(08〜09/堤幸彦監督)、
    『漫才ギャング』(11/品川ヒロシ監督)、『荒川アンダーザブリッジ』(12/飯塚健監督)、『くちづけ』(13/堤幸彦監督)、『円卓 こっこ、一夏のイマジン』(14/行定勲監督)、『脳内ポイズンベリー』(15/佐藤祐市監督)、『天空の蜂』(15/堤幸彦監督)、『ピンクとグレー』(16/行定勲監督)、『ナラタージュ』(17/行定勲監督)など。

  • 装飾:田口貴久

    代表作に『悪人』(10/李相日監督)、『アンダルシア 女神の報復』(11/西谷弘監督)『真夏の方程式』(13/西谷弘監督)『青天の霹靂』(14/劇団ひとり監督)『脳内ポインズンベリー』(15/佐藤祐市監督)『ピンクとグレー』(16/行定勲監督)『ヒーローマニア 生活』(16/豊島圭介監督)『ハルチカ』(17/市井昌秀監督)など。

  • 録音:伊藤裕規

    代表作に『贅沢な骨』(01/行定勲監督)、『きょうのできごと』(03/行定勲監督)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(03/行定勲監督)、『北の零年』(05/行定勲監督)、『春の雪』(05/行定勲監督)、『UDON』(06/本広克行監督)、『クローズド・ノート』(07/行定勲監督)、『朱花の月』(11/河瀬直美監督)、『ピンクとグレー』(16/行定勲監督)など。

みんなのコメント