news


公開記念舞台挨拶レポート
小沢健二からの手紙に、二階堂ふみ、吉沢亮、行定監督「感無量!」

2018.02.19

2/18(日)TOHOシネマズ 新宿にて、二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定監督の7名が登壇する豪華舞台挨拶を実施。

最初にベルリン国際映画祭のレッドカーペットを歩いた感想を聞かれた吉沢は、
吉沢「映画祭というもの自体が(海外も国内も)初めてだったので、敷居の高い感じかなと思っていたら、お祭りというか、映画好きの方が集まる場はなかなか無いから、本当に面白かったです」と振り返る。

二階堂「緊張しました。この映画でベルリン国際映画祭に行くことが出来て、本当に幸せだなと感じながら歩かせていただきました」と満面の笑顔。

本作で5度目のベルリン国際映画祭となる行定監督は、
「(3回の上映とも)即日完売で、満席で、熱気がありましたね。どの国もティーンを描く映画はエッジが丸い、優しい、分かりやすい映画になっているんですよね。でもこの映画はそうじゃないというところが、ものすごく刺さっているんです。この映画を選んでくれたベルリンは勇気がある。感激しました!」と語った。

さらに、同性愛者という難役にチャレンジした吉沢は、
吉沢「原作もそうなんですけど、(役の)山田自身が発している情報量が凄く少なくて、その余白をどう自分で埋めるのかということを、撮影中ずっと悩んで、結果分からないまま終わった感じです(苦笑)。ただ、これだけ悩める役に出会えるというのは、役者としてとても幸せなことだなと感じました。今後の役者人生の中で凄い重要な役だったなと思います」と役作りの苦労を振り返った。

16歳の時に原作と出会って、映画化を切望していた二階堂は、
二階堂「(夢は)叶うものなんだな、と。この7年の間に出会うことが出来た行定監督、キャストの方々、主題歌を書いてくださった小沢(健二)さん、そして劇場で(観客の皆さんと)映画を通して出会うことが出来たので、私にとって思い入れのある大切な作品になりました」と熱く語った。

最後に、サプライズで、主題歌を担当した小沢健二からの手紙が届き、「ふみさんが『リバーズ・エッジ』の映画化にかけた熱量は、小宇宙を創れるくらいのものです!」と司会者が代読すると、

二階堂「感無量です!(監督やキャストの)それぞれの気持ちをぶつけた作品なので、こうやってお披露目出来て嬉しいです。」と涙をにじませた。※小沢健二からの手紙は最後に付属。

行定監督も「僕も感無量です。映画が作られること、完成することは奇跡的なことだといつも思っています。本当に完成するのだろうかと思うんです。(原作の)『リバーズ・エッジ』に興味が無いわけはない。でも心の中では、偉大なる漫画家の岡崎京子が書いた最高傑作を映画化するなんて、おこがましいという気持ちもありました。二階堂に『自分がハルナを演るにはもう時間がない』と言われ、僕らおじさんたちが心に火を付けられ、若い後輩に挑戦状をもらったようなものでした。たくさんの人達の力を借りて完成し、小沢さんが加わり、ベルリンが僕等の映画を呼んでくれる奇跡が起こり、今日、(観客の)皆さんに届いてはじめて帰結するんです。この思いがひとりでも多くの人に広がっていけばいいな、という思いでいます」と締め括った。

 

みんなのコメント