news


公開記念舞台挨拶レポート
小沢健二からの手紙に、二階堂ふみ、吉沢亮、行定監督「感無量!」

2018.02.19

2/18(日)TOHOシネマズ 新宿にて、二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定監督の7名が登壇する豪華舞台挨拶を実施。

最初にベルリン国際映画祭のレッドカーペットを歩いた感想を聞かれた吉沢は、
吉沢「映画祭というもの自体が(海外も国内も)初めてだったので、敷居の高い感じかなと思っていたら、お祭りというか、映画好きの方が集まる場はなかなか無いから、本当に面白かったです」と振り返る。

二階堂「緊張しました。この映画でベルリン国際映画祭に行くことが出来て、本当に幸せだなと感じながら歩かせていただきました」と満面の笑顔。

本作で5度目のベルリン国際映画祭となる行定監督は、
「(3回の上映とも)即日完売で、満席で、熱気がありましたね。どの国もティーンを描く映画はエッジが丸い、優しい、分かりやすい映画になっているんですよね。でもこの映画はそうじゃないというところが、ものすごく刺さっているんです。この映画を選んでくれたベルリンは勇気がある。感激しました!」と語った。

さらに、同性愛者という難役にチャレンジした吉沢は、
吉沢「原作もそうなんですけど、(役の)山田自身が発している情報量が凄く少なくて、その余白をどう自分で埋めるのかということを、撮影中ずっと悩んで、結果分からないまま終わった感じです(苦笑)。ただ、これだけ悩める役に出会えるというのは、役者としてとても幸せなことだなと感じました。今後の役者人生の中で凄い重要な役だったなと思います」と役作りの苦労を振り返った。

16歳の時に原作と出会って、映画化を切望していた二階堂は、
二階堂「(夢は)叶うものなんだな、と。この7年の間に出会うことが出来た行定監督、キャストの方々、主題歌を書いてくださった小沢(健二)さん、そして劇場で(観客の皆さんと)映画を通して出会うことが出来たので、私にとって思い入れのある大切な作品になりました」と熱く語った。

最後に、サプライズで、主題歌を担当した小沢健二からの手紙が届き、「ふみさんが『リバーズ・エッジ』の映画化にかけた熱量は、小宇宙を創れるくらいのものです!」と司会者が代読すると、

二階堂「感無量です!(監督やキャストの)それぞれの気持ちをぶつけた作品なので、こうやってお披露目出来て嬉しいです。」と涙をにじませた。※小沢健二からの手紙は最後に付属。

行定監督も「僕も感無量です。映画が作られること、完成することは奇跡的なことだといつも思っています。本当に完成するのだろうかと思うんです。(原作の)『リバーズ・エッジ』に興味が無いわけはない。でも心の中では、偉大なる漫画家の岡崎京子が書いた最高傑作を映画化するなんて、おこがましいという気持ちもありました。二階堂に『自分がハルナを演るにはもう時間がない』と言われ、僕らおじさんたちが心に火を付けられ、若い後輩に挑戦状をもらったようなものでした。たくさんの人達の力を借りて完成し、小沢さんが加わり、ベルリンが僕等の映画を呼んでくれる奇跡が起こり、今日、(観客の)皆さんに届いてはじめて帰結するんです。この思いがひとりでも多くの人に広がっていけばいいな、という思いでいます」と締め括った。

 


第68回ベルリン国際映画祭
オープニング作品としてレッドカーペットに登場!

2018.02.16

今年で68回目を迎える、世界三大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品され、2月15日(木曜・現地時間)に開幕した同映画祭のオープニング作品を飾り、二階堂ふみ、吉沢亮、行定勲監督がレッド―カーペットに登場!

その後行われた公式上映に観客と共に映画を鑑賞、上映後に行われたQ&Aに参加しました。パノラマ部門は世界中から良質の作品を幅広いジャンルで集めた部門。

映画祭のメイン会場となるBerlinale Palast(ベルリナーレ・パレスト)のレッドカーペットに登場した二階堂ふみ、吉沢亮、行定勲監督。レッドカーペット後に歩いた感想を聞かれると、

二階堂「すごい盛り上がっていて、ベルリンに来ることが出来たということを実感していて、とても感動しております。」

吉沢「楽しいです。僕は、映画祭自体というものが初めてで、街全体の活気もすごくて、楽しい経験をしているな、と思っています。」

行定監督「僕は5回目のベルリンですが、レッドカーペットを歩いたのは初めてです。すごく注目していただけているなと。ベルリンの人たちの反応(はすごく大事)。ここから世界にその反応が拡がっていくんで、すごく楽しみにしてます。」

とベルリンの人々がどのような感想を抱くのか待ちきれない様子だった。

公式上映が行われたのは、メイン会場の近隣にあるCinemaxx(シネマックス)。映画は、異例の3スクリーンで上映し会場は全て満席。
上映前に登壇した行定監督「皆さんこんばんは。」とまずはドイツ語で挨拶。続けて、「ベルリンに呼んでいただいたのは、今回で5回目ですが、まさかのオープニング作品に選ばれるとは思ってもいませんでした。本当に感謝しております。」と映画祭に感謝の意を述べた。

その後、二階堂ふみと吉沢亮は満員の観客と一緒に映画を鑑賞。映画が終了すると、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。観客席から舞台上に登壇した二階堂、吉沢は、鑑賞した観客から素晴らしい演技を見せた二人がどのような役作りをしたかを尋ねられると、「いかに演じるかということではなく、テクニカルなことでもなくて、どういう風にその場所で勘が生きるかということが、今回の作品では重要なプロセスだったと思います。」、「現場に入ってからは、先ほど二階堂さんがおっしゃった通り、どう現場で生きるかということを考えていました。」と答え、二人とも現場の空気感で役作りをしたことを明かした。

続けて、映画の舞台が94年と設定されていることで、監督と役者の間で世代間のギャップを観客から問われると、

行定監督「僕にとって90年代というのは非常につまらない青春時代でした。でも、彼らからすると「よかったんじゃないか」とか、特に二階堂からは「80年代とか90年代って面白そうだよね」って言うんですね。もうすでに、ここにギャップがありますよね。でも、その20数年後の今を生きている彼らと一緒に映画を作るってことは、もしかしたら、自分の青春時代を振り返るには一番いい相手だったと思いました。」

二階堂「90年代に起こった出来事のことは、鮮明には覚えていなくとも、体で覚えていたり、匂いや感覚がしみ込んでいるものがあります。」

吉沢「ファッションや話題は異なりますが、根本的な部分は今の人たちと90年代の人たちの間で違いはないと思っています。この作品は90年代の若い高校生の話ですけど、はけ口というモノが90年代と今で変わっただけだと思ってます。」
と続き、観客の質問に丁寧に答えていた。

世界で初めて上映され、観客の反応に手ごたえを感じた様子だった3人。
パノラマ部門に出品された作品は観客賞、国際批評家連盟賞などの受賞対象とされており、発表は現地時間の24日を予定。

2/12(祝・月)舞台挨拶付き先行上映決定!!

2018.02.02

TOHOシネマズ梅田

■実施日:2/12(祝・月) 12:40~の回 (舞台挨拶12:40~13:10 その後本編上映)
スクリーン2 (480席)

■登壇者:二階堂ふみさん、吉沢亮さん、行定勲監督
※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。
※本作品は【R15+】となります。15歳以上のお客様がご鑑賞いただけます。

■会場TOHOシネマズ梅田

■料金(税込):1800円均一 ※R15+
※ムビチケ、各種割引適用、招待券等・ポイント鑑賞(シネマイレージ)・フリーパスポートはご利用いただけません

■チケット購入方法
WEB  →  2/3(土)0:00 (2/2(金) 24:00)劇場ホームページにて
窓口  →  2/3(土)劇場オープン時より

※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。
完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。

≪ご注意事項≫
※チケットは先着順方式のみの取り扱いとなります。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「クレジットカード」「TOHOシネマズギフトカード」「docomo、au、SoftBank通話料決済」「楽天ID」がご利用いただけます。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

=====================

T・ジョイ京都

■開催日:2月12日(祝・月)13:30の回上映後
・舞台挨拶開始時間:15:40~(本編終了後、舞台挨拶)

■登壇予定者:二階堂ふみさん、吉沢亮さん、行定勲監督
※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。予めご了承願います。
※本作品は【R15+】となります。15歳以上のお客様がご鑑賞いただけます。
(15歳未満のお客様はご鑑賞いただくことができません。
年齢確認をさせていただく場合もございますので、あらかじめ年齢がご確認できるもの(学生証等)をお持ち下さいませ)

■会場T・ジョイ京都【シアター10】
京都市南区西九条鳥居口町1番地 イオンモールKYOTO Sakura館5F
TEL: 075-692-2260(24時間音声案内)

■料金:1800円均一 ※R15+
※各種割引、招待券使用不可。/ムビチケカード(前売券)使用不可。

■チケット発売方法
①オンラインチケット予約KINEZO
2月3日(土)0:00~(=2月2日(金)24:00~)
※KINEZOを ご利用いただくには事前に無料会員登録が必要です。
無料会員登録はこちらから⇒http://kinezo.jp/pc/t-joy_kyoto
※2月3日(土)~はクレジット決済のみにてお求め可能です。
※2月10日(土)から現金でのご予約も可能となります。

②劇場窓口販売
2月3日(土)劇場オープン時より
※劇場窓口では、現金・クレジット・電子マネーがご利用いただけます。
※オンラインチケット予約にて完売した場合は、劇場窓口での販売はございません。

◆注意事項
※予定枚数に達し次第、販売は終了となります。
※舞台挨拶付きの上映をご覧いただくには、舞台挨拶回の座席指定券が必要になります。
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断り致します。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケット変更や払い戻しはできません。

=====================

TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ

■実施日:2/12(祝・月) 16:30~の回 (本編上映後、舞台挨拶18:30~18:50)
スクリーン4 (488席)

■登壇者:二階堂ふみさん、吉沢亮さん、行定勲監督
※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。
※本作品は【R15+】となります。15歳以上のお客様がご鑑賞いただけます。

■会場TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ

■料金(税込):1800円均一 ※R15+
※ムビチケ、各種割引適用、招待券等・ポイント鑑賞(シネマイレージ)・フリーパスポートはご利用いただけません

■チケット購入方法
WEB  →  2/3(土)0:00 (2/2(金) 24:00)劇場ホームページにて
窓口  →  2/3(土)劇場オープン時より

※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。
完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。

≪ご注意事項≫
※チケットは先着順方式のみの取り扱いとなります。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「クレジットカード」「TOHOシネマズギフトカード」「docomo、au、SoftBank通話料決済」「楽天ID」がご利用いただけます。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。


ついに初お披露目!!
完成披露試写会レポート

2018.02.01

第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門オープニング作品に選ばれた本作が遂に今夜、観客に初お披露目となり、その上映の前に、主要キャスト全員と、行定勲監督が登壇する舞台挨拶を開催!

行定監督
「この『リバーズ・エッジ』という伝説的な漫画の映画化に、出来れば携わりたくなかったです(笑)。いろんな世代に影響を与えたすばらしい作品なので、を映画化なんてすると、原作ファンたちから蜂の巣にされる、ボコボコにされるに違いないと想像していました(笑)、完成した時に最初に思った感想は、「やっぱ岡崎京子ってスゲェや!」という言葉です。それをとにかく今の若い人たちに感じてもらいたい!今、なぜ『リバーズ・エッジ』なんだ、と。彼女(二階堂)が、なぜこんな熱狂しているのか。刺さっているのかを感じるんですよね」

二階堂
「『ヒミズ』を撮っていた16歳(高校2年生)の時に、美術スタッフの方が(原作を)貸してくれて、『リバーズ・エッジ』に出会いました。その時に自分が抱えていたものが、そのまま作品のなかにあって。その衝撃がスゴク強くて、自分の中に傷跡が残ったような感覚だったんです。その半年後くらいに映画化のお話しを頂いたんですが、こうやって今日皆さんにお披露目できるまで、6年半、7年くらいかかりました。私にとって思い入れのある作品です」

吉沢
「原作と台本を行き来して、人間性を考えるということをひたすらやっていました。漫画原作なんですけど、余白の多い作品。自分で埋めなきゃいけないところもありましたし、掘り下げれば掘り下げるほど、底が見えなくなってしまう作品でした。自分が演じたのはゲイで社会を斜めに見ていて、死体みたいなものに安心感を求めている山田役ですが、実は学校で人気のスポーツマンの男のことが好きだという矛盾もあって。どうやって(自分が)描けばいいのかを考えていました」

森川
「私はカンナと性格自体が近いんですよ」と大胆発言。ざわつくキャストたちに、思わず監督も「そんなこと言って大丈夫?(笑)」と心配する一方で森川は、「そんな変な女の子じゃないんで(笑)。人に対して一途なところが似ていて、人のことを好きになるけど、好きすぎてどんどん離れていっちゃう。あぁ、カンナっぽいな、自分。自分、カンナだなって思っていました」

また、小沢健二が初めて映画主題歌を書き下ろしたことでも話題の楽曲『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』について、

行定監督「岡崎京子が『リバーズ・エッジ』を生み出した時代をものすごく体感できる曲にしてもらいました。これから生きていく人間に対するエールにも聴こえる。小説でいうと、“あとがき”的役割にもなっています」

また、本作がベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品に決定したことについて、

行定監督「二階堂ふみからのプレッシャーがすごくて(笑)。『ベルリン行きたいな、行きたいな』と言うんですよ。行きたいよ、俺も!身内からのプレッシャーが…(笑)」と苦笑い。

それに対して、二階堂「力強い魂のこもった作品になったので、海外の方にも観ていただきたいです。純粋な気持ちで発言しておりました」と笑顔を見せた。

つづく吉沢も「海外どころか、国内でも映画祭というものに参加するのは初めてなので、ドキドキしています。世界三大映画祭に自分がこの作品で行けるというのは、嬉しいです。僕自身、挑戦的な作品で、魂のこもった作品になったので、光栄です!」と満面の笑顔で答えていた。

最後に、代表して二階堂が原作者の岡崎京子さんから映画へ寄せられたコメントを発表。「みんな、観てね!!」というシンプルながら力強いコメントに、「私たちが、頑張って作った作品です。今日は最後まで堪能していってください。」ありがとうございました」と締めくくった。


2月3日(土)11:00~先行受付開始!
『リバーズ・エッジ』公開記念舞台挨拶

2018.01.29

▼TOHOシネマズ 上野
【日時】  2018年2月18日(日)  開演10:25(上映後12:40~舞台挨拶)
【会場】  TOHOシネマズ 上野
【登壇者】 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督(予定)
【料金】  一律 2,000円(※前売鑑賞券・各種割引使用不可)
【購入方法】こちらの舞台挨拶のチケットは<チケットぴあ>でのお取扱いです。
チケットぴあにて残席がある場合のみ劇場にて販売いたします)
●Pコード:558-208

======================================

▼TOHOシネマズ 新宿
【日時】  2018年2月18日(日)  開演12:20(上映後14:35~舞台挨拶)
【会場】  TOHOシネマズ 新宿 ※こちらの舞台挨拶にはマスコミ取材が入ります。
【登壇者】 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督(予定)
【料金】  一律 2,000円(※前売鑑賞券・各種割引使用不可)
【購入方法】こちらの舞台挨拶のチケットは<チケットぴあ>でのお取扱いです。
チケットぴあにて残席がある場合のみ劇場にて販売いたします)
●Pコード:558-207

======================================

▼TOHOシネマズ 渋谷
【日時】  2018年2月18日(日)  開演14:05(上映後16:20~舞台挨拶)
【会場】  TOHOシネマズ 渋谷
【登壇者】 二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督(予定)
【料金】  一律 2,000円(※前売鑑賞券・各種割引使用不可)
【購入方法】こちらの舞台挨拶のチケットは<チケットぴあ>でのお取扱いです。
チケットぴあにて残席がある場合のみ劇場にて販売いたします)
●Pコード:558-209

======================================

●先行抽選販売「プレリザーブ」
申込受付期間:2月3日(土)11:00~ 2月9日(金)11:00
※抽選結果発表は2月9日(金)18:00頃

プレリザーブとは?

≪先行抽選販売に関する注意事項≫
※ チケットのお申込は、お一人様4枚までとさせていただきます。
※ 前売券・招待券・株主優待券からのお引換は出来ません。ご注意ください。
※ チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください
※ プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※ 必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※ お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※ お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)

●一般販売
販売期間:2月10日(土)10:00~ 2月16日(金)18:00(予定枚数になり次第終了)

・お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、インターネットでお求めいただけます。
・チケットの販売はお一人様4枚までとさせていただきます。
・前売券・招待券・株主優待券からのお引換はいたしかねますのでご注意下さい。

インターネット購入
■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 5:30~深夜2:30【発売初日は10:00~】
セブン‐イレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
■電話予約
音声自動応答 TEL:0570-02-9999

●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111または チケットぴあ までお願い致します。

<チケット発売に関する注意事項>
※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶開始後は途中入場をいただけませんので、あらかじめご了承ください。
※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※当日、カメラチェックを行う場合がありますのでご了承下さい。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

1 / 212
みんなのコメント